うつ

風邪を引いたら、熱が出て、頭が痛くなり、盲腸になったらお腹が痛くなります。人のからだは病気になると何らかの症状が現れてきます。うつ病でもこれと同じようにさまざまな症状が現れるのです。ただし、うつ病が他の病気と違うところは、こころとからだの両方に症状が出ることです。また、うつ病は死に至る病です。早めに治療することをお勧めします。アダルトチルドレンの方は症状が悪化していくとうつになりやすいので、早めに対策を立てていただきたいです。


からだの症状

うつ病は、単なるこころの問題(気持ちの持ちよう)として考えられがちですが、症状は体にも現れてきます。からだの症状にはさまざまなものがあります。
以下のような症状が2週間以上もずっと続いているのに、「理由が分からない……」、「病院に行っても治らない……」、という人はうつ病を疑ってみてください。

・眠れない、朝早く目がさめる、夜中に何度も目を覚ます
・体がだるい、疲れやすい
・何を食べてもおいしくない
・性欲がおちる
・ときどきめまいがする
・息切れする、息苦しい
・頭痛がする
・微熱が続く
・肩がこる
・体がしびれる
・胃のもたれ、ムカツキがある
・食欲がない
・生理不順
・下痢、便秘


こころの症状

うつ病の大きな2つのこころの症状は、「憂うつ感」と「興味・関心の低下」です。

  
1.憂うつ感-感情面

「憂うつだ」、「悲しい」、「何の希望もない」、「落ち込んでいる」というような感情です。このような症状が午前中にひどく、午後から夕方にかけて改善してくるという“日内変動”があるのもうつ病の特徴の1つです。 また自殺願望を持つようになり、自殺行為を繰り返すようになることもあります。


  
2.興味・関心の低下-意欲面

・今まで好きだったことにも打ち込めなくなる
・新聞を読む、テレビなどを見る気がしなくなる
・仕事への意欲が低下する
・何をするにもおっくうになる

軽いうつ病の場合は、このようなこころの症状が出ても、なんとか仕事などをこなしていけるため、うつ病の発見や受診を遅らせてしまいます。

その他のこころの症状が現れることもあります。

・物事の判断がにぶくなる
・自分に自信がなくなる
・自分を責める
・ささいなことから不安に陥りやすい

風邪の引きはじめは、「ちょっと体調がおかしい…」という程度です。うつ病もこれと同じで、初期の軽い時期はこころよりも、からだのほうがちょっとおかしい状態が続きます。これらのからだの症状は、少し無理をすれば会社で仕事をしたり、日常生活をふつうに行えるため、ほとんどの人がうつ病を疑うことなく生活しています。また、このような軽症のうつ病の時期は、本人も周囲の人も「からだの病気だ」と思っているため、内科などを受診し、「異常がない」「原因が分からない」、「気のせい」などといわれ不安になっています。

ここで大切なことはからだの不調にもうつ病の可能性があることを知っておくことです。これまで、原因が分からずに「眠れない・・」、「頭痛が続く」とからだの変調に悩まされていた人は、うつ病の症状や生活環境に当てはまるところがいくつかあるのではないでしょうか?


うつになる原因

うつ病になる理由は1つではありません。その人がもっている感受性や感覚、置かれている生活環境など、いくつかの要素が積み重なって、うつ病になると考えられています。 うつ病と関係のある要素を少しでも理解することで、うつ病を予防したり、自覚する手がかりになると思います。

脳は、人が生きていく中で「歩く」、「走る」、「食べる」といった基本的な動作に関する命令をからだに伝えており、これによって人は日常生活を円滑に送っています。しかし、脳が命令を出すのはからだだけではありません。こころにも「意欲」、「食欲」、「記憶」などといった感情的および知的命令を伝えています。脳からからだやこころへの命令は、神経伝達物質やホルモンなどを仲介して行なわれます。この神経伝達物質の中で、脳からこころに元気を伝える物質が“セロトニン”と“ノルアドレナリン”です。これらは気分や意欲、食欲、記憶などを神経に伝達します。脳内の神経細胞から、セロトニンやノルアドレナリンが放出されると、図のような受け手である神経細胞の受容体に結合して、情報を伝達します。しかし、何らかの理由でこのセロトニンやノルアドレナリンが減ると、気持ちの活性化が伝えられずに憂うつ感などを引き起こしてうつ病になると考えられています。

上記は一般的なうつについてのことです。私がアダルトチルドレンのカウンセリングを続けてきて感じることは、アダルトチルドレンがうつになるのは、自己否定や自信の無さ、さぼることが許されないなど、偏った考え方で生きているので、生きづらさを感じ、生きることに否定的な気持ちからきているように思います。また、一般的にはうつの治療には薬が使われますが、アダルトチルドレンが原因で発症するうつの場合は薬だけでは治らないので、自分自身の生き方を変えるためにカウンセリングなどをお勧めしたいです。

うつになりやすいタイプ

まじめで、がんばりやの人。本当は疲れていませんか?
うつ病の発症には人間的なタイプも関係があると考えられています。
以下のようなアダルトチルドレンにもよくみられるタイプの人が、うつ病を発症しやすいといわれています。
当てはまるものがある人はストレスをためやすいので、カウンセリングなどを受け楽に生きられるようにしていくことをお勧めします。

・まじめ、几帳面でいつも何にでも完ぺきを目指す
・他人任せにできない
・職人気質;自分の能力の範囲できちんと仕事をする
・1つの物事に執着する
・かたくなで柔軟性に欠ける
・他人の評価に対して過敏に反応する
・自己否定的な考えをする
・悲観的な見方をしがちである
・二者択一的;白か黒か、100点か0点か、すべてをいっぺんに片づけようとする
・優先順位の設定ができない
・自尊心が低い
・感情の表現がへた
・自分の思っていることをなかなか口に出せない

周囲の人にできること

うつ病の治療には、家族や職場の人たちの助けが必要になります。うつ病について、正しい知識をもって、理解と愛情で支えてあげてください。患者さんに接する際には、次のことに注意しましょう。ただし、アダルトチルドレンからきているうつの方が実家で暮らしている場合は家族に理解してもらうことは難しいので、一人暮らしをして心の平穏を保つことをお勧めしたいです。

うつの人と接する際のポイント
  

1.はげましは逆効果 。温かく見守りましょう
“頑張りたくても頑張れない”これがうつ病の患者さんの悩みです。そのため「頑張って」などという励ましの言葉はよけいに患者さんを追い詰めます。ただ、温かく見守ってあげることが何よりも励ましになるのです。

  
2.考えや決断を求めることはやめましょう
患者さん自身に決断を迫ることはなるべく避け、「夕飯はカレーにしようか」などというふうに、日常生活においてなるべくこちらから提案してあげるようにしましょう。

  
3.外出や運動を無理にすすめない
とにかくゆっくり休ませましょう。うつ病の治療の基本はくすりと休養になります。まずはゆっくり休ませて、患者さんのこころやからだに溜まった疲れをとってあげるようにしましょう。

  
4.重要な決定は先のばしにさせましょう
決断力が鈍って、優柔不断になっている患者さんに「仕事を休職するかどうか」というような大きな決断を迫るのは患者さんを追い込みます。患者さんが自分で決断するまでゆっくり待ってあげましょう。

  
5.家事などの日常生活上の負担を減らしてあげましょう
まじめで責任感の強いタイプの患者さんが多いために、病状が悪くても無理して家事などをしようとしてしまいます。なるべく家族の方が家事などの負担は減らしてあげるようにしてあげましょう。

カウンセリング

「誰にもわかってもらえない」、「心の傷が癒えない」、「自分を成長させていきたい」という想いを抱えている方をひとりひとりに合わせて援助していきます。

詳細を見る »

ゲシュタルトセラピー

グループでワークを受けて本当の自分に気づいていくセラピーです。自分以外のアダルトチルドレンの話を聞けるので、自分だけではないと勇気づけられます。

詳細を見る »

勉強会

アダルトチルドレンから抜け出すために自分の癒し方や人間関係の築き方を教えています。特にどうやって回復してよいかわからない方にお勧めです。

詳細を見る »