アダルトチルドレン相談室

メインビジュアル

摂食障害

「摂食障害」とは、食に関しての障害全般のことを指しますが、中でも最も有名なのが、「拒食症」と「過食症」です。拒食と過食は正反対のものと思われる方もいらっしゃると思いますが、これらは、紙一重と言っても過言ではない関係性を持っています。ほとんどの摂食障害患者がその両方を経験し、多くの場合、拒食と過食を交互に繰り返します。純粋に拒食だけで終わることは少ないとも言われています。

「拒食症」というのは、ものが食べられなくなってしまう病気で、思春期の多感な時期に発病することが多いと言われています。食べたくても食べられない人、太るのが怖いために食べることを拒む人、両方のパターンがあるのですが、徐々に食欲がなくなり、いくらものを食べようとしても、食べることができなくなってしまうのです。それが進むと、骨と皮だけのような状態になり、ひどい場合は死亡してしまう、死と隣り合わせの病気です。口から栄養を取り入れることができないため、入院や点滴などが必要になることがあります。

 一方、「過食症」は、異常なまでに食べてしまうという病気です。摂食障害のほとんどは、こちらを指すと言われています。ほとんどの場合、拒食症(軽いケースも含む)も経験しており、その多くは、ダイエットがきっかけであることが分かっています。太ることに極端な恐怖心を持っているために、浄化行動を行う場合も多くあります。浄化行動の代表的なものとしては、嘔吐や下剤の乱用があげられます。他にも、過激な運動をしたり、これらを何種類も組み合わせたりして行うケースも多く見られます。また、太ることへの恐怖や、自分の行動への罪悪感などから、精神的にも重大な影響をもたらしてしまいます。
この他、「チュ-イング」といって、噛むだけで吐き捨ててしまうという症状もあります。

 拒食症の人は痩せていて、過食症の人は太っていると思われるかもしれませんが、実際には、過食症の人は浄化行動を行なっているため、痩せているケースが多く見られます。過食症は、モデルなど、痩せていなくてはならない職業の人に多いというのも、特徴としてあげられるでしょう。

 過食症について、単にダイエット病だと思っている人もいるかもしれません。過食嘔吐をダイエットの手段の1つとして捉えている人や、運動をやっている人の中には、あまり深く考えず、浄化行動やチューイングを行なっている場合があります。しかし、これは非常に危険なことで、過食症は拒食症と同様に、立派な心の病気なのです。命を落とすこともありますし、摂食障害による心への影響は、社会復帰を困難にするほどのものです。また、いったん過食症になってしまうと、なかなか治すことができません。まだ過食症の入り口にいる方、これからダイエットを始めようという方は、これらのことを絶対に忘れないでください。

 

摂食障害の原因

 上でも取り上げましたが、摂食障害の直接の引き金は、ダイエットであることが多いようです。ダイエットがエスカレートし、いつの間にか摂食障害になってしまったというケースが多く見られます。しかし、確かにダイエットは1つの原因ではありますが、決してそれが原因の全てというわけではありません。この病気については、より根本的な問題について見つめていくことが大切なのです。

 摂食障害には、子どもの頃の家族関係や家庭環境が大きく影響していることが分かっています。特に、母親との関係が問題になることが多いようです。よく取り上げられるのは、母親からの愛情の不足です。また、父親が暴力を振ったり、アルコール依存症だったりする場合も、摂食障害になりやすいと言われています。特に幼児期は、人格形成に大きな影響を及ぼす時期ですから、子どもへの影響はさらに甚大です。

「うちは普通の家庭だった」と思われる方もいるかもしれませんが、実は、些細な問題が大きく関わっていることが多いのです。たとえば、家族内で会話がなかった、父親が亭主関白で、母親を奴隷のように扱っていた、母親が子どもに過干渉であった、父親が育児に参加しようとしなかった、というものもあげられます。また、家族が子どもに多くを望み、大きな期待をかけているケースも、摂食障害者の家族に多く見られる特徴の1つです。