アダルトチルドレン相談室

メインビジュアル

嗜癖(アディクション)

 飲酒やギャンブルなどの行動に日常生活を支配され、何度やめようと試みてもやめられず、無力感を味わいつつも続けてしまうということを、「嗜癖(アディクション)」と言います。嗜癖はさまざまな行動で形成されおり、その行為にふけることによって、あらゆる問題から何とか逃避しようとするのです。嗜癖は、大きく分けると3つのカテゴリーに分類されます。1つ目は、アルコールや薬物などの「物質への嗜癖」、2つ目は、ギャンブル、買い物、インターネット、セックス、摂食障害、仕事、恋愛、自虐的行為などの「過程への嗜癖」、そして3つ目が、共依存や恋愛依存症などの「人間関係への依存」です。

以下に、代表的な依存症をあげてみます。

 

物質への依存

■アルコール依存症
「物質への嗜癖」の中でも、アルコールへの依存は、より身近な問題と言えるかもしれません。他の嗜癖と同様に、本人がその行為を問題だと認めるのが難しいため、長い間1人で悩んでしまうケースが多くみられます。また、うつ病や不安障害とも間違われやすいため、アルコール依存の存在に気づかれず、正しい対処がとられないケースも多いのが実情です。
 アルコール依存について不安に思われる方は、一度、検査を受けてみることをおすすめします。よくみられる症状としては、お酒を飲み始めると抑制が効かなくなるというものがあり、また禁断症状としては、軽症なもので「震え」、重症なものになると「恐怖をともなう幻覚」などが現れることがあります。
 身体的な負担だけでなく、何度抑制してもやめられないことで、罪悪感や羞恥心、自責の念といった精神的な負担が大きくなってしまうこともあります。

 

過程への依存

■ギャンブル依存症
 ギャンブルのような、何らかの危険をともなう嗜癖も、現実からの逃避と深い関わりがあります。危険性そのものだけでなく、危険をおかすまでの状況や、それにまつわる幻想など、全ての「過程」が依存対象となっているのです。また、必死に現実を否認しようとするため、実際に何が起きているのかが、本人に見えていないということがほとんどです。「次の賭けで全てがうまくいく」といった妄想的な確信も手伝って、「後一度だけ危険をおかすことがどうしても必要だ」と思い込んでしまうのです。
 このような衝動的なギャンブルは、破壊的な結果を生みかねません。借金が膨らんでいくばかりではなく、高利貸しや闇金との関係を持ってしまうなど、家族や周りの人に影響が及ぶケースも多くみられます。

■買い物依存症
 人は、気晴らしに買い物をすることがあります。以前からほしかったものや必要なものを手に入れることで、自分に「褒美」を与えるのです。しかし、嗜癖になってしまった場合の買い物は、楽しみではなく、不快な現実を回避する手段となります。抑制の効かない状態になるため、必要のないものまで山ほど買ってしまうといった状況に陥ってしまうのです。脳からアドレナリンが放出され、買い物をする前に抱いている妄想がまるで現実のように感じられ、あたかも生活の中の全ての問題から解放されたような錯覚を起こします。
 他の嗜癖と同様、後にやって来るのは、圧倒的な羞恥心、罪悪感、無力感です。そして今度は、これらの絶望を埋めるために、さらに激しい嗜癖へと走ります。そして、結果としてますます大きな喪失感に襲われてしまいます。また、行動の発覚を恐れて、ますます否認的で無鉄砲な行動をとってしまうこともあり、八方ふさがりの状況に陥ってしまいます。

 

人間関係への依存

■共依存症
共依存については、ACその他のカテゴリーと、恋愛依存症のカテゴリーに掲載がございます。詳しくはそちらをご参照ください。
ACの『共依存』ページへ
恋愛依存症の『共依存』ページへ

■恋愛依存症
恋愛依存症についてはこちらをご参照ください。

嗜癖の問題を1人だけで解決しようとするのは、とても大変な作業です。周りからの援助を受けるなどしながら、それぞれの症状に合った正しい対処法を選び、一歩ずつ着実に回復の道を歩んでいきましょう。